ヘルパー転職を徹底サポート

ヘルパーの仕事にはコミュニケーション能力が必須!

新着記事

  • 証明写真は髪がポイント 証明写真は髪がポイント

    履歴書にはる証明写真は第一印象を決める重要アイテム!ヘルパーの転職は、撮影時の髪型も好印象を与えるポイントになります。

  • 冷静な自己分析 冷静な自己分析

    転職の勝敗を分けると言っても過言ではない自己分析。思うようにいかない時こそ、自分自身を冷静に見つめて客観的に分析しましょう。

  • 家政婦ではない 家政婦ではない

    ヘルパーと家政婦は役割も目的も異なります。ヘルパーにできる仕事とやるべきではない仕事があることを理解しておきましょう。

求められるコミュニケーション能力

心を開いてもらうために

プライバシーに触れる仕事

ヘルパーとして仕事をするということは、まずは利用者本人と1対1の信頼関係を築き、利用者が少しでも自宅で長く生活できるように、様々な支援を継続的に行うものであり、そのためにはコミュニケーション能力がかかせません。日本の社会では、他人が家庭内に入ることを嫌がる傾向がある上に、高齢者は特にそれぞれの病気や障害などのために、思うようにならない不満やいら立ちや不安や羞恥心を抱えているものです。そのような心情を充分に踏まえながら、利用者の入浴や排せつや食事といった基本的な生活を支えるためには、思いやりが何よりも大切であり相手のちょっとした仕草や表情などをよく観察して、お互いに気持ちよく接することができなければなりません。

求められるコミュニケーション能力

求められるコミュニケーション能力

戦後、主に経済的な理由によって、地方から都会へ次々と人が移動したことなどにより、最近は核家族化が進んでしまい、都心部に限らず三世代同居家族というのはめったにお目にかからなくなりました。そのため現代っ子の中には、中々お年寄りと接する機会のないままに大人になる人も少なくありません。そして医療の進歩に伴って、今の高齢者の圧倒的多数は、自宅ではなく病院や施設で最期を迎えているのです。介護の現場に立つということは、すなわち人生の最期に寄り添うということでもあるため、緊急事態に備えて万一の場合には臨機応変に対処できなければなりません。しかし利用者のちょっとした変化も見逃さないためには、継続的に支援する日常の中で、何気ない心配りの積み重ねが大切になるのです。
つまりヘルパーに求められるコミュニケーション能力とは、単に言葉のやり取りに限られるのではなく、利用者の仕草や表情など言葉以上に雄弁なボディランゲージを読み取る力も求められるのです。

人の役に立つことを実感

ヘルパーの仕事といえば、利用者の入浴時にその体を抱え上げたり支えたりするなど、肉体的にも大変な重労働であることが少なくありません。しかしそれも人の役に立ちたいと思えばこそ苦にならない、という人が介護の現場では数多く活躍しています。高齢者を子ども扱いせず、誠意をもって謙虚に接すれば、たとえ初めは嫌がっていた利用者であっても、やがて心を開いてくれて笑顔を見せたり、「ありがとう」という言葉を口にします。多くの人生の先輩達と接しながら、人対人の濃密な関係の中で悩んだりぶつかったりしすることもあるでしょうが、前向きな気持ちをもって一生懸命に向き合えば、学ぶことも多い仕事といえるでしょう。

コチラも読まれています!

求められるコミュニケーション能力
求められるコミュニケーション能力

ヘルパーとして、訪問介護の主力を担うということは、利用者の自宅というプライベートな場で、入浴や排せつや食事といった、利用者の極めてデリケートな日常生活を支えるのであり、思いやりを持って利用者と1対1で日々接しながら、お互いに信頼し合えるような、高いコミュニケーション能力が求められます。たとえ口には出さなくても、利用者の何気ない仕草やちょっとした表情などをよく観察して、その意を汲み取ることが大切です。