ヘルパー転職を徹底サポート

転職したいヘルパーのためのお役立ち情報サイト

新着記事

  • 証明写真は髪がポイント 証明写真は髪がポイント

    履歴書にはる証明写真は第一印象を決める重要アイテム!ヘルパーの転職は、撮影時の髪型も好印象を与えるポイントになります。

  • 冷静な自己分析 冷静な自己分析

    転職の勝敗を分けると言っても過言ではない自己分析。思うようにいかない時こそ、自分自身を冷静に見つめて客観的に分析しましょう。

  • 家政婦ではない 家政婦ではない

    ヘルパーと家政婦は役割も目的も異なります。ヘルパーにできる仕事とやるべきではない仕事があることを理解しておきましょう。

ヘルパー転職を徹底サポート

ヘルパーは介護に関する知識を学び、経験を積んで仕事にあたる介護のプロフェッショナルです。しかし、勤め先によっては給料を含む労働条件、待遇などの面がネックとなり、ヘルパーの仕事自体から離れてしまう人も少なくありません。それはもったいないことです。もっと働きやすい条件でヘルパーとして活躍できる場所を探してみませんか?ヘルパーとしての日々を充実させるには転職が有効です。

TOPICS2015/12/18

訓練を支援する「言語聴覚士」

訓練を支援する「言語聴覚士」

生まれつきであったり、病気や事故や老化など、様々な要因によって音声機能や言語機能や聴覚に障害のある人を支援する言語聴覚士は、理学療法士と並ぶリハビリテーションの専門家であり、国家資格です。人にとって基本的なコミュニケーション手段である、話す、読む、書くなどの他、噛む、飲み込むなどといった、嚥下機能に関するリハビリも専門領域であるため、特に高齢者の自立した食を支えるという役割に、近年注目が集まっているのです。

コチラも読まれています!

求められるコミュニケーション能力
求められるコミュニケーション能力

ヘルパーとして、訪問介護の主力を担うということは、利用者の自宅というプライベートな場で、入浴や排せつや食事といった、利用者の極めてデリケートな日常生活を支えるのであり、思いやりを持って利用者と1対1で日々接しながら、お互いに信頼し合えるような、高いコミュニケーション能力が求められます。たとえ口には出さなくても、利用者の何気ない仕草やちょっとした表情などをよく観察して、その意を汲み取ることが大切です。