ヘルパー転職を徹底サポート

ヘルパーの転職成功マニュアル!自己分析について

新着記事

  • 証明写真は髪がポイント 証明写真は髪がポイント

    履歴書にはる証明写真は第一印象を決める重要アイテム!ヘルパーの転職は、撮影時の髪型も好印象を与えるポイントになります。

  • 冷静な自己分析 冷静な自己分析

    転職の勝敗を分けると言っても過言ではない自己分析。思うようにいかない時こそ、自分自身を冷静に見つめて客観的に分析しましょう。

  • 家政婦ではない 家政婦ではない

    ヘルパーと家政婦は役割も目的も異なります。ヘルパーにできる仕事とやるべきではない仕事があることを理解しておきましょう。

冷静な自己分析

自分を見つめ直そう

転職成功のための自己分析

転職活動を成功させるためには、求人企業側の求める人材に自分がふさわしいということを相手に納得させられなければなりません。求人側もいくら人手不足であっても、誰でも良いわけではありません。理想とする人物像というものをある程度明確にして、多数の応募者をふるい分けて行きます。もちろん多忙な業務の合間に求人活動を行うため、それほど時間を掛けられるわけではなく、書類選考にしても面接にしても、短時間で判断するためのポイントを絞って見極めようとするのです。裏を返せば、そのポイントに上手くマッチしたアピールを転職希望者自らが行わなければ、たとえいくら立派な経験やスキルを隠し持っていても、採用には至らないということになってしまいます。また転職希望先に何を求めるのかをはっきりさせておかないことには、自分にとって最適な相手を見つけることは難しいでしょう。つまり転職成功のための戦略の第一は、「己を知る」ということになります。

冷静な自己分析

紙に書いてみる

「自分のことは自分が一番よく知っている」とは誰しも思っているものですが、その実、自分が知っている自分と周囲の他人が知っている自分とが大きくずれていることも少なくありません。人は誰しも自分のことを良く思いたいものですが、そのような意識に気付かず転職活動を行うと、採用企業側との認識のズレからいつまで経っても良い転職先に巡り合えないということにもなりかねません。自分を知るためには、冷静かつ客観的に自分を見つめる必要があります。そのためまずは、自分というものを形作っているこれまでの印象的だった経験や事柄を、あらかじめ時間を決めて丁寧に紙に書き出してみましょう。気負わずに思いつくままに、次々となるべくたくさん書くことです。これは自分を責める材料にするわけではないので、成功したことだけではなく、失敗したことやあまり思い出したくないことも素直に書き出すことが大切です。

整理と分析

こうして書き出した自分の断片の数々の中から、自分という人物の長所や短所が浮かび上がります。成功にせよ失敗にせよ、何らかの因果関係の下に起こった結果なのであって、元を辿るとなにかしらの原因がそこにはあるものです。それを一つ一つ丁寧に考えることによって、自分の特徴が自分の目にも見えてきます。こうして掴んだ自分というものを将来的に活かすためにはどうしたらよいのか、あるいはこのような自分が一番活躍できるのはどのような場なのか、と考えることによって転職先を見つけやすくなりますし、具体的な言葉で相手方にアピールしやすくなるでしょう。

コチラも読まれています!

求められるコミュニケーション能力
求められるコミュニケーション能力

ヘルパーとして、訪問介護の主力を担うということは、利用者の自宅というプライベートな場で、入浴や排せつや食事といった、利用者の極めてデリケートな日常生活を支えるのであり、思いやりを持って利用者と1対1で日々接しながら、お互いに信頼し合えるような、高いコミュニケーション能力が求められます。たとえ口には出さなくても、利用者の何気ない仕草やちょっとした表情などをよく観察して、その意を汲み取ることが大切です。