ヘルパー転職を徹底サポート

転職用の証明写真は髪型にコツがある

新着記事

  • 証明写真は髪がポイント 証明写真は髪がポイント

    履歴書にはる証明写真は第一印象を決める重要アイテム!ヘルパーの転職は、撮影時の髪型も好印象を与えるポイントになります。

  • 冷静な自己分析 冷静な自己分析

    転職の勝敗を分けると言っても過言ではない自己分析。思うようにいかない時こそ、自分自身を冷静に見つめて客観的に分析しましょう。

  • 家政婦ではない 家政婦ではない

    ヘルパーと家政婦は役割も目的も異なります。ヘルパーにできる仕事とやるべきではない仕事があることを理解しておきましょう。

証明写真は髪がポイント

髪で変わる印象

第一印象が勝負

転職を成功させるために、転職希望者は履歴書や職務経歴書といった提出書類や、あるいは一発勝負の面接の場で、自分を最大限にアピールするための努力を惜しんではなりません。そのためには十分な準備も必要ですし、そもそも採用側が何を見ているのか、何を判断のポイントにしているのか、を知ることも大切です。これから共に仕事をすることになる仲間選びの重要な場とはいえ、多忙な業務を抱えながらの採用担当者にとって、求人活動に割くことのできる時間は限られています。そのため書類選考にせよ面接にせよ、人物としての中身を判断しようとしながら、実は第一印象が合否を決めるといっても過言ではないほどに影響があるのです。
すなわち採用担当者も、履歴書の経歴や職務経歴書の内容や、面接だけで人を判断できるものではないことを重々知っています。それでも判断せざるを得ない以上、一緒に長く働くことができそうな人柄か、また信用できるのかなど、外見から判断しがちなものなのです。そしてそうであるからには、まず最初に採用担当者の目に触れることになる履歴書の証明写真で、人間性や信頼感、まじめさといった点において高く評価されるような、好印象を与える工夫をすることが大切になるのです。

証明写真は髪がポイント

茶髪の注意点

さて、証明写真を撮影するにあたり注意すべき点の第一は、強い光が当たるために髪の色が実際よりも明るく見えてしまうという点です。最近では茶髪も珍しくなくなり、中にはそれほど問題視しないところもあるようですが、転職活動を乗り切るにあたって無難に黒髪に染め直すという人も多いでしょう。しかしそれでも写真映りによって赤く見えたり、茶髪そのものに見えてしまったりすることがあります。スピード写真では中々修正することが難しいものですが、写真館で撮影をお願いすると、出来上がりを予測して印象が良く見えるようなアドバイスを受けることもできるでしょう。

清潔感と明るさ

証明写真によって相手に与えたい印象は、清潔感や明るさです。しかし上半身しか映らないために目にすることのできるパーツが限られてしまい、結果として髪型によって印象が決まるということになりがちです。そのため顔を縁取る髪は目にかからないよう、きれいにまとめて後れ毛やハネなどが目立たないようにワックスやスプレーできちんと整えておきましょう。その際には、額と耳を出すことによって、肌により多くの光が当たるようにすれば明るく清潔な印象になります。髪の長さなど気になるようであれば、この機会にいっそのこと髪型を変えてみるのも良いかもしれません。

コチラも読まれています!

求められるコミュニケーション能力
求められるコミュニケーション能力

ヘルパーとして、訪問介護の主力を担うということは、利用者の自宅というプライベートな場で、入浴や排せつや食事といった、利用者の極めてデリケートな日常生活を支えるのであり、思いやりを持って利用者と1対1で日々接しながら、お互いに信頼し合えるような、高いコミュニケーション能力が求められます。たとえ口には出さなくても、利用者の何気ない仕草やちょっとした表情などをよく観察して、その意を汲み取ることが大切です。