ヘルパー転職を徹底サポート

必勝マニュアル!ヘルパーの転職は条件付けが重要

新着記事

  • 証明写真は髪がポイント 証明写真は髪がポイント

    履歴書にはる証明写真は第一印象を決める重要アイテム!ヘルパーの転職は、撮影時の髪型も好印象を与えるポイントになります。

  • 冷静な自己分析 冷静な自己分析

    転職の勝敗を分けると言っても過言ではない自己分析。思うようにいかない時こそ、自分自身を冷静に見つめて客観的に分析しましょう。

  • 家政婦ではない 家政婦ではない

    ヘルパーと家政婦は役割も目的も異なります。ヘルパーにできる仕事とやるべきではない仕事があることを理解しておきましょう。

先に条件付けを

自分主体で選ぶ転職先

希望条件と優先順位

転職市場は、その時々の雇用環境や社会経済情勢などに大きく影響されてしまいます。しかしそのような中で、介護業界は離職率も比較的高く、長引く不況下にあり他の職種では求人数が軒並み減っている中でも、人手不足が慢性化しているなど雇用のミスマッチが生じています。いざ転職をしようと考えたなら、情報収集の手段はいくらでもあります。昔ながらのハローワークや、新聞・雑誌・フリーペーパーに限らず、今ではインターネットにアクセスすれば、求人企業のホームページや転職情報提供のサイトなどから瞬時に大量の情報を集めることができ、どのような求人がいつどこで出ているのかをいとも簡単に知ることができます。
しかし逆にこれだけ情報が周囲に溢れているが故に、自分の希望や適性などそっちのけにして、目先の謳い文句に安易に惑わされてしまいがちです。そこで自分が長く働いて活躍できる本当に良い転職先を選ぶためには、まず自分の中で基準を決めておくことが大切です。例えばどの程度の収入を希望するのか、休日の日数、シフトの編成、福利厚生、業務内容など、基本となる条件を自分なりに考えましょう。こうしてある程度固まった条件を基に情報を収集すれば、ピンポイントで求人情報をみつけることができるでしょう。
ただし、希望する条件のすべてを満たすような求人があればそれに越したことはありませんが、あちらを立てればこちらが立たず、一長一短の求人情報を前に悩むことになる場合も少なくありません。そのため、希望する条件の中でも優先順位を最初につけておくことが大切です。収入か、休日の確保か、シフトか、それとも業務内容か、最も大切にする条件は何か、どの条件が満たされていれば良しとするのかという点を、情報収集する前にきっちりと考えておくことです。「隣の芝生は青い」とはよく言われることですが、一度転職してしまうとまたすぐに辞めて別の転職先を見つけるというのは、中々難しいものです。ブラック企業が社会問題化する中、冷静な判断が求められます。

先に条件付けを

「きらケア」

インターネット上には、数々の転職サイトが求人情報を掲載していますが、「きらケア」では、専門のコンサルタントが徹底してキャリア相談に応じるなど、介護職の転職をサポートします。

ヘルパーの求人情報を見る
きらケア詳細

「介護職net」

「介護職net」も、介護職に特化した転職支援のサービスを提供しており、専任のカウンセラ―が、転職活動を支援しています。

ヘルパーの求人情報を見る
介護職net詳細

最後に

転職はなかなかに労力がかかることです。しかし、多少面倒であっても失敗をしないためにもできうる限りの手をつくすべきです。幸い、現代のインターネット社会はそれを簡単にしてくれています。ぜひ活用していきましょう。

コチラも読まれています!

求められるコミュニケーション能力
求められるコミュニケーション能力

ヘルパーとして、訪問介護の主力を担うということは、利用者の自宅というプライベートな場で、入浴や排せつや食事といった、利用者の極めてデリケートな日常生活を支えるのであり、思いやりを持って利用者と1対1で日々接しながら、お互いに信頼し合えるような、高いコミュニケーション能力が求められます。たとえ口には出さなくても、利用者の何気ない仕草やちょっとした表情などをよく観察して、その意を汲み取ることが大切です。