ヘルパー転職を徹底サポート

ヘルパー転職マニュアル!面接で好印象な質問とは

新着記事

  • 証明写真は髪がポイント 証明写真は髪がポイント

    履歴書にはる証明写真は第一印象を決める重要アイテム!ヘルパーの転職は、撮影時の髪型も好印象を与えるポイントになります。

  • 冷静な自己分析 冷静な自己分析

    転職の勝敗を分けると言っても過言ではない自己分析。思うようにいかない時こそ、自分自身を冷静に見つめて客観的に分析しましょう。

  • 家政婦ではない 家政婦ではない

    ヘルパーと家政婦は役割も目的も異なります。ヘルパーにできる仕事とやるべきではない仕事があることを理解しておきましょう。

好印象を与える質問

会話のキャッチボールでアピール

面接の場におけるアピール

転職希望先の求人に対して応募する書類といえば、履歴書や職務経歴書など、一定の様式の下に簡潔に内容をまとめつつ、自分の経歴やスキルをアピールするものです。しかしそれだけでは、本当に一緒に働きたいと思えるような相手なのかどうか、判断のつかないものであり、実際に会って確認するための場が面接ということになります。もちろん面接のわずか数十分程度で、人の中身や将来まで分かるわけではないのですが、第一印象が良ければ得てして人は好意的に判断するものなのです。この第一印象は履歴書の証明写真とは異なり、顔の印象だけというわけではありません。
全体としての服装や身だしなみ、立ち居振る舞い、ビジネスマナー、そして声や話し方など様々な要素が組み合わさって、相手に自分という存在を印象づけてしまいます。

好印象を与える質問

質問と回答

そして面接官はあらかじめ質問事項を用意しており、その受け答えから受ける印象も大切にしています。更に最後には、大抵「質問はありませんか」などと、転職希望者に対しても質問を促すものです。このように質問と回答というキャッチボールを通じて、お互いに相手を知るチャンスが面接なのであり、最低限面接官の質問にはしっかりと答える必要があります。今の世の中、面接突破のための質疑応答集がいくらでもありますが、あまりに型にはまり過ぎた答えであれば、「丸暗記をした単なる借り物」という印象を与えてしまいます。やはりここは自分なりのアレンジを加えて、効果的なアピールになるよう十分に活用しなければなりません。

アピールにつなげる一工夫

例えば典型的な質問に「志望動機」があります。なぜその業種を選んだのか、なぜ転職先として他所ではなくその企業を選んだのか、じっくりと考えて答えをまとめておき、それを繰り返し声に出して自信を持って答えられるようにしておきましょう。また転職を繰り返している人は、書類だけでは腰の軽い印象を与えてしまいがちです。そこでなぜこれまでの転職が必要であったのか、その目的や経緯、そしてそこで獲得したスキルや経験など、前向きにアピールできるものに回答を作り上げておきましょう。更に中高年の場合には、転職先の上司が年下という場合も大いにあり得ます。「扱いにくい人」と思われないよう、年齢にこだわらず協調性がある点をアピールできるようにしましょう。
なお女性ならではの問題として、ライフステージごとに仕事への関わり方を変えざるをえないという点も、採用側にとっては重要な関心事になります。継続的に仕事をする上で、周囲のサポートを受けられるよう準備を整えている点をアピールしましょう。

コチラも読まれています!

求められるコミュニケーション能力
求められるコミュニケーション能力

ヘルパーとして、訪問介護の主力を担うということは、利用者の自宅というプライベートな場で、入浴や排せつや食事といった、利用者の極めてデリケートな日常生活を支えるのであり、思いやりを持って利用者と1対1で日々接しながら、お互いに信頼し合えるような、高いコミュニケーション能力が求められます。たとえ口には出さなくても、利用者の何気ない仕草やちょっとした表情などをよく観察して、その意を汲み取ることが大切です。